トップページボトルシーリングワックス(封蝋)の販売
  

 
ワインやウイスキー、日本酒、クラフトビールの封蝋に使用するボトルシーリングワックスに関するお問い合わせを多くいただきましたので、山桂ラボ オリジナル開発商品として販売を開始いたしました。
「油とロウ(蝋)のブレンド室」にてワインの海洋熟成(海底熟成)用のボトルシーリングワックスの開発を依頼されたことから始まったのですが、お問い合わせの多くはワイン、ウイスキー、日本酒、クラフトビールの記念ボトルや周年ボトルなどの装飾用にお使いになられるとのことですので、開封しやすく、ワックスが飛び散らない、処分をしやすいボトルシーリングワックスも新たに開発いたしました。
お使いの用途、ご希望の色などお客様のご要望に沿っての受注生産品となりますので、お気軽にお問い合わせください。
 
そのまま使えるステンレス容器入りで販売しております。お試し用250gから1kg、5kgサイズにも対応いたします。
 
ご希望の色をお作りすることも可能です。金色、銀色やメタリックカラーは割高となります。なお、ワックスをブレンドしておりますので、純白色はできません。
コルク栓、アルミキャップなどディッピングの部分の材質の違いや、液温でボトルシーリングワックスのつき方(厚みなど)が変わります。
そのまま使える容器付きとなりますのでお値段が高くなりますが、5kg、10kgなど大容量でお買い求めの場合はご提供方法によりお値段も安くなりますので、ご相談ください。
 
ソムリエナイフとワインオープナーを使い、そのまま開栓することができます。 シーリングワックスの開栓後、瓶の口まわりにワックスが残りません。
シーリングワックスは引っ張って剥がすことができます。 処分の際、瓶とシーリングワックスを分別できます。

使い方の動画はこちら(3分50秒)
  
栓抜きを使って、そのまま開栓することができます。ワックスが厚い場合はソムリエナイフなどを使ってください。 シーリングワックスの開栓後、瓶の口まわりにワックスが残りません。
シーリングワックスは引っ張って剥がすことができます。 処分の際、瓶とシーリングワックスを分別できます。

使い方の動画はこちら(3分45秒)
  
ハーバリウムを用意します。スクリューキャップは強く締めておいてください。プラスチック製の容器はディッピングできません。 ハーバリウム瓶を逆さまにして、ボトルシーリングワックスに垂直に漬け、取り出して軽く回します。
瓶の底に軽い衝撃を与えますと、ワックスが綺麗に垂れます。スクリューキャップの場合、キャップ下部に空気穴が開く場合がございます。 ボトルシーリングワックスが固まれば完成です。ワックスには弾力がありますので、少しの衝撃では割れる心配はございません。

ハーバリウムの新しい魅せ方(1分58秒)
 
これまで扱っておりました石油系不使用のボトルシーリングワックスも引き続き取り扱っております。石油系不使用のものは海洋熟成(海底熟成)や湖底熟成(ダム熟成)など水中での使用実績はございますが、封蝋によるボトルの防水性や耐久性などを保証するものではございませんので、その点をご承知のうえでご使用ください。
 
そのほか、ご質問等ございましたら、メールにてお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせの際に、どのような用途でお使いになるのかをご連絡いただけましたら、なるべくその用途に合ったタイプのものをご用意したいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 
戻る